6月29,30日 日本睡眠学会、第42回定期学術集会

会場は、横浜、パシフィコ横浜。

歯科と睡眠とはあまり関係ないと思われる方も多いと思いますが、実は大いに関係し近年注目されてきている分野です(ある一部の歯科医師ですが)。

イビキをかく人は多いとおもいますが、実はそこに睡眠時無呼吸症候群が隠れており、様々な循環器疾患やその危険因子の増悪に繋がっています。その治療方法の一つに、口腔内装置があり、その装置の作成や評価については、睡眠に精通した歯科医師が活躍しています。

特に睡眠時無呼吸症候群の治療の第一選択には、CPAPという器具がありますが、煩雑さやマスクの拘束感などから継続的に器具を装着するのが難しいことが問題とされています。その点、口腔内装置は、装着感が比較的受け入れやすくCPAPとの併用や代替での使用でも結構効果が確認されてきています。

今回の学会でも、睡眠時無呼吸症候群関連のシンポジウムや口演も多く、新たに小児の睡眠関係呼吸障害での問題が取り上げられていました。小児の睡眠時無呼吸症候群は、成人の成り立ちとは異なり、顎の成長発育との関連やその他の学習やうつなど睡眠との関連での障害を捉えていく重要性について討論されていました。

また、7月1日は、日本睡眠歯科学会主催の第12回睡眠歯科医学エキスパートセミナーが開催されました。内容は『ナイトガードの乱用から脱却する、睡眠時ブラキシズムの適切な診断法』、『睡眠時に見られる異常行動と運動障害』、『睡眠と睡眠呼吸障害―耳鼻咽喉科の立場からー』などでありました。講演中に質疑が自由なので非常に活発な論議がかわされ、講演者もたじたじになる場面がみられ非常に印象的なセミナーでした。

本医院ではまだあまり睡眠時無呼吸症候群の患者さんは扱っていません。やはり会津では、睡眠専門医(睡眠医学会認定医)がおらず、耳鼻科医や呼吸器科医が興味をもって取り組んでもらえないとなかなか普及しづらいところもあるのかもしれません。

6/14,15,16 第27回日本顎変形症学会総会、学術大会、東京

顎変形症とは、上あごや下あごの大きさや形の異常によって顔面の変形とかみ合わせのずれを起こしている状態をいいます。顎変形症学会とは、その治療を巡っていかに最善の治療ができるかということについて、口腔外科医、矯正歯科医、形成外科医などが討論する場です。

今回の学会は、東京、新橋からゆりかもめに乗って、お台場のある国際展示場駅前のファッションビルで開催されました。途中、レインボーブリッジを眺めながらの車中は東京とはまた別の未来都市へ向かうよう。巨大なビルや建物が海沿いに巡っていて不思議な感じ。

今回の会場は巨大建造物の奥にある2階ホール。6月14日は、学会前日の教育研修会で、若手の口腔外科医や矯正歯科医のための研修会ではあるが、最新の内容の紹介があるので年配者の姿もそれなりに見られます。来年からは、学会の認定医制度が施行される予定で、この研修会も認定医の必修研修になるとのこと。

今回の主題は、顎変形症治療における三次元シュミレーションの実際ということで、最新の3Dの紹介とそれを利用してのチームアプローチの注意点についての実際的な話であり、いろいろとなるほどと思える話が盛りだくさんでした。毎年受講していますが、お互い施設同士の熟練具合の同調が、さらなる臨床の充実に繋がるので大切な機会と考えています。

学会の主題が形態の改善と機能の回復ということですが、3D技術の展開ということが進んでくると、それに伴ういろいろ見えていなかった部分での問題点が話題となっていました。そのことは、治療の組み立てを最初に考える上で考慮すべき事柄となり、これまでの治療計画にも影響してきます。

いろいろと気になるシンポジウムが目白押しでありますが、ずっと本気モードで聞いていると疲れます。

福島県ではあまり普及していない顎変形症治療ですが、当医院は、日本の最先端目指して新潟大学医歯学総合病院、再建外科とのチームアプローチで顎変形症治療の臨床を牽引していく気概です。

【参加学会感想記】第41回日本口蓋裂学会総会、学術大会(東京)

会場はかの有名なホテルオークラ東京別館。ただし地下2階なので、快晴なのに真っ暗。口蓋裂という特殊な先天性の口腔関連の疾患に特化した学会である。

先天性疾患では、最も罹患率の高い疾患のため、一疾患のための学会が存在している。

私は30年以上前から口蓋裂の矯正治療に携わってきている。30年以上前、北陸3県の口蓋裂患児は、ほぼ金沢医科大学、形成外科に集まってきており、矯正患者の三分の一は、口蓋裂の患者であった。ただ、その手術後の矯正は困難を極め、四苦八苦した記憶がある。

現在では、手術法改良や早期の顎裂部欠損への骨移植などもあり、手術後の矯正治療の完成度も見違えるように良くなってきている。今回の種々のシンポジウムも興味ある議題が満載であった。尚、当医院での口蓋裂患児は、竹田綜合行院形成外科からの紹介であるが、執刀医は、東北大形成外科の医師で今回のシンポジウムでも発表していた熟練した先生である。

【参加学会感想記】第33回東北矯正歯科学会総会、学術大会(秋田)

会津から秋田は遠いが、IT、広報委員会の委員でもあり出席。今回の委員会で、先の東北大震災と東北6県の矯正治療、患者のレスキューやその問題点について、東北矯正歯科学会編の冊子がついに完成した。編集した委員長はさぞ大変な作業であたと思われ、委員からねぎらいの言葉が出ていた。

【参加学会感想記】東京矯正歯科学会春季セミナー(東京)

地域ごとの矯正歯科学会(歯並びの治療の専門医の学会)があるが、東京矯正歯科学会は、会員数も多く開催されるセミナーの講師も充実している。会津からのアクセスも良く(会場は有楽町の駅から5分とかからない)、毎回出席している。今回は口腔衛生との関連のセミナー。

【参加学会感想記】日本睡眠歯科学会睡眠セミナー(東京)

いびきで悩んでいる人は少なからずいる。近年、いびきとの関連で閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)という疾患が注目されている。その治療用装置として有用なOSAS用口腔内装置が、簡便で効果が高く、使用しやすいとして需要が高まっている。ただ、その疾患の診断や特性を熟知した睡眠専門医や歯科医師が足りていない現状がある。そのための対応として、日本睡眠歯科学会主催のセミナーが毎年東京で開催されている。

【平成26年9月6,7日】日本摂食嚥下リハビリテーション学会に参加してきました。

『食べる喜びを支える楽しさー広がるチームー』と題され東京京王プラザホテル他2会場にて行われました。

『摂食嚥下リハビリテーション学会』とは。。。
*摂食・・口から食べる
*嚥下・・飲み込む
*リハビリテーション・・食べるための機能回復

医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、介護士など多職種が参加する大変大きな学会です。
2日間の中で特に『口腔ケア』に関する講演は大変人気で会場がいっぱいになり関心の高さがうかがえました。
これからの超高齢化社会に口腔ケアの重要性を切実に感じることができました。
学会で学んできた事を今後の診療にいかせていけたらと思います。

DH N

第73回日本矯正歯科学会【第5回日韓ジョイントミーティング】

2014年10月20日~22日まで、千葉、幕張メッセで矯正歯科学会が開催された。矯正歯科学会とは、ブラケット(いわゆる金具)あるいはブレースを歯に接着してそこにワイヤーを通して、歯並びを整える治療のための学会である。会員数は6300名を越える学会で、歯科の学会の中でも会員数が多い。

今回のテーマタイトルは、『矯正歯科の新機軸を考える』ということで、新技術のみならず基礎研究からの未来を見据えた新しい話題が取り上げられている。韓国とのジョイントミーティングだったので、国際的な顔ぶれの特別講演も多くみられた。韓国だけでなくEU圏の演者の話は、そのバックグランドの状況と合わせた背景が関係する話で興味深い。


学会メインホール


学会会場からの風景

矯正治療のトピックとしては、口腔内にアンカーとしてマイクロインプラント(小さなねじ状のピン)を埋入して使用する話が話題であった。当院では、かなり以前から(開発当時)使用していたが、近年は、いろいろと改良されて使用しやすさが増している。当院では、ほぼ80%近くの患者さんで使用中している。他にもいろいろな興味深い発表も多く、広い会場を見て回るだけでくたびれてしまった。以前に比べ若い研究者が多く、活気にあふれた雰囲気が印象的であった。

院長記

北小路ブログ7

11月23日勤労感謝の日

東北矯正歯科学会秋期セミナーで仙台に行ってきました。

テーマ:最近の子どもを取り巻く環境と不正咬合、睡眠と矯正歯科

と言うタイトルでした。

セミナーの前に、学会の委員会(広報、IT、危機管理)の委員なのでその委員会の会議。

セミナーは残念ながら、私にはあまり興味を引く内容が無かったので途中退席。

今年の学会関係はこれが最後。

やはり雑誌だけで無く、学会参加は新しいホットな情報が入るので、今後もまめにいろいろな

学会に参加予定。

 

北小路ブログ6

10月の末、福島、新潟との県境にある裸山(ほとんど聞いたことのないでしょう)にスラブ登りに行ってきました。

午前中は快晴でしたが、昼頃には雨。

我々が登ったところは、ごうごうと水が流れて滝の様。

楽しい秋の一時でした。